保険を使った訪問マッサージ なごみ

 - 訪問マッサージ・保険治療 -


保険を使った訪問マッサージ   
医療保険対応 訪問マッサージ なごみ
保険を使った訪問マッサージでからだを楽にしましょう。 介護保険は使いません。
なごみ院長 訪問マッサージ師
院長の和田です。
よろしくおねがいします。
保険を使った訪問マッサージの
無料体験をやっています。
お気軽にお問い合わせ下さいね。

ご予約・お問い合わせ 03-3288-7535
保険訪問マッサージ イメージ

Q&A
訪問マッサージについて

寝たきりゼロを目指します

からだにやさしい、リハビリマッサージ


保険を使った訪問マッサージの
無料体験ができます。
お気軽にお問い合わせ下さいね。

お問い合わせはこちら
TEL 03−5926−7539
当院の治療方針/プロフィール


当院での訪問マッサージの方針・こだわり

1.「とにかく優しく」

 まず始めに、「とにかく優しく」。
「ここ日本一やさしい、私たちのことを考えてくれてるな、
ずっとお付き合いしたいな」と 患者さんに言ってもらえるような、
優しさあふれる人でいたいと思っています。

2.「患者さんの目指すところは何か、を把握して、目指す目標への協力をいたします。」

患者さんひとりひとり、目指すところは異なります。
どういったご要望があるのかに耳を傾け、マッサージを通して、治療のプロとして、
私たちのできることがあればお手伝いさせていただきます。

在宅マッサージにおいて、その内容が適切かを吟味して、必要があれば内容の練り直しをいたします。
たとえば、治療回数は適切か(多すぎないか、少なすぎないか)、施術内容は適切か(改善の度合いに
応じているか)、患者さんからの新しい要望はないか、などをつねに意識しておきます。

3.「患者さんの日常生活動作の向上、生活の質の向上を目指していきます」

少しでも社会生活を拡大し、生活の質を良くするために、
マッサージを通して日常生活動作の向上を目指します。
たとえばお着替えが楽になったり、お食事をすることが楽になったり、
体が起き上がりやすくなったり、歩きやすくなったり、
起きたい・話したいと思うようになれたり・・・
患者さんがより幸せであるための生活を目指して、お手伝いしたいと思います。

4.「患者さんの環境を考え、医療機関、介護サービスとの連携を取っていきます。」

在宅でマッサージを受けられる方はさまざまな医療サービス、介護サービスを利用されていると 思います。

その中にあって、私たちのできること(訪問マッサージ)を通して、
患者さんの社会生活を送る上での大切なものを守れるよう、
(日常生活動作の向上、生活の質の向上、精神的なケア)
貢献していきたいと思っています。

 当院では、患者さんのご利用されている医療サービス・介護サービスと連携を取ることが大切と 考えています。
そのために、できるだけ患者さんの周りの医療機関や、介護関係者との連絡や報告を
(医師との連絡、とくにかかりつけ医との連絡・介護サービス機関、ケアマネージャーさんとの連絡)
密に取っていきたいと思います。
医師・ケアマネージャーさんへ定期的な経過報告をするなど、医療・介護環境の連携を大切にしていきます。

5.「介護に関わってくださっているみんなを尊敬しています」

・ケアマネージャーさん、お医者さん、ヘルパーさん、看護師さん、
介護するご家族、介護にかかわってくださっている方、
私はみんな仲間だと思っています。
ひとりの患者さんを助け合える、すばらしい仲間だと思っています。
みなさまのご協力があるからこそ、
私も訪問リハビリマッサージという分野で安心して力を発揮することができるのです。
だから、そんなみなさんのことを常に尊敬して、感謝しています。
感謝の気持ちを忘れずに、私のできることを一生懸命やりたいと思っています。

保険訪問マッサージ イメージ

なごみ院長 プロフィール


鍼師・灸師
あん摩マッサージ指圧師

和田 哲生


出身:鹿児島県鹿児島市出身です。

血液型:O型

好きなもの:
猫・猫カフェ(のらねこも好きです)
焼酎(少々。ほんとに少々)
チェス
マンガ(感動できるのがよいです)

略歴:
1978年1月12日に生を受けます。
2000年(平成12年)に鍼灸師・マッサージ師の資格を取りました。
その後、病院・治療院勤務を経て、2003年(平成15年)に独立を
することに。きっかけは恩師のひと言でした。
「やってみたらいいがね」(←鹿児島弁。)

そして、ご自宅をお伺いする出張・訪問マッサージを始めました。

マッサージを受けて楽になった、とか、
お話もできて気分が楽になった、とか言っていただくと、
本当に嬉しく、この仕事のやりがいを感じます。
お役に立てたら嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。


鍼灸師・マッサージ師を目指したきっかけ:
小・中学生のころ、骨折をしたりバイクにひかれたりと、
何かとよくケガをする子どもでした。

毎度毎度、病院通いになったのですが、
そんな時、病院で本当に眠くなるくらい気持ちいいマッサージを
してもらったり、マッサージ師さんや看護師さんに遊んでもらったり
した、とても楽しい記憶があるのですね。

ふつう、ケガをして病院通いになったら、たいていは嫌な
思い出になってしまうのではないかと思うのですが、僕の場合、
ケガのことを嫌な思い出と捉えられないぐらい、
本当に楽しかった記憶として残っているです。

それが直接の動機というわけではありませんが、
どこか医療に関わっていたいという思いがあったのでしょう。
進路で迷っていた時、
地元に鍼灸師・マッサージ師になれる学校があったと知って
「ここに行こう」とピーンと感じました。

なるべくしてなったのかもしれませんね。
あの時、とても優しくしてくれたマッサージ師さんのように、
関わっていった人を楽しく、幸せにしてあげられたらと思っています。















Copyright ©2002 Nagomi All rights reserved(2009/7/21)